映画「そして父になる」



そして父になる DVDスタンダード・エディション

新品価格
¥2,710から
(2014/8/4 16:41時点)




映画「そして父になる」を観ました。
東京の大手建設会社に勤めている父・野々宮良多(福山雅治)と母・みどり(尾野真千子)に
育てられた一人息子の慶多と
地方の電器店を営む両親・斎木雄大、ゆかり(リリー・フランキー、真木よう子)に育てられた
3人兄弟の長男の琉晴が
産院で取り違えられたことがわかります。

最初から最後まで泣き通しの映画でした。
取り違えられたのは、産院のミスではなく、一人のナースの悪意に満ちた故意であり
やり場のない怒りを感じました。

我が家の一人息子も大人しいので、慶多が息子に重なり
ますます泣けてきました。
そして、私が同じ立場でも映画と同じ選択をするだろうな、
と思いました。

最近、息子に対して叱ることが多くなったのですが
もう少し優しくしようと思えました。 








にほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

エトウ トエ

Author:エトウ トエ
ナマケモノの主婦のナマケモノな日常を書いています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
145219位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
9906位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
free space
free space
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR